子どもの英語教育どうしてる?おすすめDWEのメリットとデメリット

育児

こんにちは、ウチサワです

今回は子どもの英語教育について少しお話したいと思います。

英語教育は必要?

何歳から始めたらいい?

DWE(ディズニー ワールド オブ イングリッシュ)が気になる…

と言う方の疑問に答えます。

私はカナダのバンクーバーに短期留学した経験がありますが、とても苦労しました。

自分の子どもにはグローバル社会でのびのび生きてほしいと思い、英語教育(DWE)をスタートしました。

英語教育が必要なわけ

私自身は英語教育を取り入れたほうが良いと思っています。

もうすでに社会のグローバル化が進んでいて、英語が話せることは特別なことではなく当たり前のこととして認識されてきています。

小学校から英語の授業を取り入れているから大丈夫でしょ?

という声も聞こえますね。

しかし、英語を話せるようになるまでには、2000時間英語を聞かないといけないと言われています。

2000時間

です。

小学校の授業では

 週に2コマなので、

 2コマ×45分=90分です

 1年間では、

 90分×35週=3150分=52時間30分です

 1年間で52時間30分です。

2000時間を達成するまでに約38年かかります…笑

より多くの時間、英語に触れさせたいのであればやはり英語教育が必要になってきますよね。

英語教育は0歳6ヵ月から始めよう

6ヵ月と聞いて驚いたと思います。

私も最初知った時は驚き、そして絶望しました。

だって、その時の娘はもう7ヵ月超えていたから

そもそもなぜ6ヵ月なのか?

これは6ヵ月以降にだんだんと聞ける音が限定されていくからです。

英語には「th」や「r」など、日本語にはない音がありますよね?

英語特有の音をきれいに聞き取るのが難しくなってくるのです。

英語の授業で「th」や「r」の発音に苦労した経験があると思います。

あれは聞いたことない音をいきなり喋らないといけないからです。

ふつうに考えて拷問ですよね!

なので「早いうちから色々な音を聞かせましょう」という意味で6ヵ月なのです。

なので今からでも大丈夫です!全然間に合います。

DWE(ディズニー ワールド オブ イングリッシュ)は神!

DWEを最初に知ったのは近くのショッピングセンターに買い物に行った時でした。

ティッシュとか配って客引きしているあれです。

DWEはたしかディズニーのグッズを配っていたと思います。

私は断ることが苦手でそういうのに捕まりたくないのでスルーしようとしていました。

しかし、旦那が取ったら良いやん!タダなんだし!って!

そこからはもうお察しの通りですよ…笑

しかし、結果としてDWEを初めて良かったと思っています。

メリットとデメリットを簡単に紹介します。

メリット

・0歳でも楽しめる工夫がされている

 映像の教材は0歳でも喜んで見ています。娘はplay a long!の1.2が好きです

・教材が豊富で飽きずに続けられる

 教材は映像、音楽、タッチペン、人形など色々あります

・話す機会も設けられている

 週末のイベントやテレフォンイングリッシュで実際に英語を使う機会があります

・1日2時間は英語が耳に入ってくる

我が家では朝と夕方にブルーレイディスクを掛け流しています

・親が歌えるようになっている

はい、私歌えるようになっています

デメリット

・お値段が高め

 全部揃えると3桁万円します。しかし、兄弟で使える、英会話スクールとの比較などで検討してみる価値はあります。

・一人で操作できるようになるまでには親のサポートが必要

 娘はまだ0歳なのでブルーレイの出し入れや操作など親のサポートが必要です。

無料体験あり!詳しく知りたい方はこちら↓↓

【公式】「ディズニー英語システム」(DWE)|子供・幼児英語教材|ワールド・ファミリー
売上シェアNo.1!ワールド・ファミリーの子供・幼児英語教材「ディズニー英語システム」(DWE)は、英語を母国語としない日本の子供たちのために楽しく英語が学習できるよう考案された英語習得プログラムです。ディズニーキャラクターたちといっしょに英語を楽しく学べるから、お子さまも大喜び!

デメリットもありますが、私は娘が楽しんで英語の勉強できているので、DWEにして本当に良かったと思っています。

英語は一回苦手意識が付いてしまうとなかなか上達しないので最初が肝心ですよ。

お子さんにあった英語教育を考えてみるのも良いと思います。

最後にDWEを見ている時の娘の写真はっておきますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ウチサワでした

コメント

タイトルとURLをコピーしました