【収入公開】専業主婦が副業を始めて3ヵ月経って感じたメリットとデメリット

日記

 

こんにちは、ウチサワです。

だいぶ更新頻度が開いてきました。

気を取り直してまたコツコツ続けていこうと思います。

今回は副業であるWebライターの2ヵ月目と3ヵ月目の収入を公開したいと思います。

そして、私が感じたWebライターのメリットとデメリットを紹介するので、Webライターに興味がある方の参考になれば嬉しいです。

ではさっそくみてみましょう。

 

仕事内容と収入

仕事内容

3月から継続して受注できるクライアント様と契約できたため、私の努力次第ではあるものの安定した収入が見込めています。

仕事内容はスポーツ全般のブログサイト内の記事を書かせて頂いています。

文字単価は0.5円です。

 

2021/04の収入

3月1日~3月31日に納品した記事の収入です。

3月は結構頑張りました。

とりあえず、ひたすら調べて書いて慣れようと、文字数やテーマは絞らずにがむしゃらに執筆活動を頑張っていました。

 

2021/05の収入

4月1日~4月30日に納品した記事の収入です。

4月は私生活が少し忙しかったこともあり、文字数が少ない記事をすき間時間で書かせて頂いていました。

まだまだ目指している金額にはほど遠いですが、仕事の要領も掴めてきているので続けていきたいですね!

 

1ヵ月めの収入はこちらをご覧下さい

Webライターのメリットとデメリット

私が感じたメリットとデメリットを紹介します。

専業主婦が副業でWebライターをしているため、がっつり稼ぎたい方やフリーランスとして始めたい方には物足りないと感じるかもしれません。

メリット

  • 在宅で仕事ができる
  • 知識量が増える
  • ブラインドタッチができるようになる
  • 社会とつながれている
  • 心の安定が得られる

Webライターの1番のメリットは在宅で仕事ができることだと思います。

自宅保育や介護等でどうしても外で働けない方にとっては強い味方ですね!

 

そして、圧倒的に知識量が増え、ブラインドタッチが上達しました。

スポーツ全般と言うこともあり、筋トレや姿勢改善方法などは日常で役に立つ情報ばかりです。

また、収集した情報を自分の言葉で書くため忘れることなく身についていると感じます。

 

最後に社会とつながれて、金銭的にも心の安定が得られます。

専業主婦だとどうしても関わってくる人間が限られてしまうため、孤独感や社会に置いて行かれている感覚を感じてしまう時があります。

Webライターとして仕事を頂けているだけで、クライアント様との関わりであったり、無事納品できた時の達成感は心の安定に繋がっていると思います。

 

デメリット

  • 執筆に時間がかかる
  • アルバイトやパートの方が稼げる
  • 自分で仕事を取りに行かないと収入がない

私が1番苦戦している部分が執筆に時間がかかっていることです。

Webライターは、執筆内容にもよりますが、調べものに割く時間が多いです。

自分の得意な分野であればそれほど時間がかからないと思いますが、私は言葉にするにも時間がかかってしまうため、正直にアルバイトやパートの方が稼げると思っています。

 

そして、発注者であるクライアント様に自分を売り込んで仕事をとらなければ、もちろん収入もありません。

継続して受注できるクライアント様と契約できるまでは、結構頑張りました。

  

 

いかがでしたか?

Webライターって意外と稼げないなぁ…と感じた方も、お小遣い稼ぎに良いじゃん!と感じた方にも少しでも有益な情報を提供できていれば嬉しいです。

Webライターが気になっている方は、とりあえず始めてみることをおすすめします!

自分には合わないと感じれば、その時にやめればいいんですよ!

私はなんだかんだ合っていそうなので続けてみようと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ウチサワでした!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました